長谷川 良信(読み)ハセガワ リョウシン

20世紀日本人名事典「長谷川 良信」の解説

長谷川 良信
ハセガワ リョウシン

大正・昭和期の社会事業家,教育家 淑徳学園創立者。



生年
明治23(1890)年10月11日

没年
昭和41(1966)年8月4日

出生地
茨城県西茨城郡南山内村本戸

学歴〔年〕
宗教大学(現・大正大学)〔大正4年〕

経歴
6歳で茨城県の浄土宗得生寺小池智誠のもとで得度。大学在学中、渡辺海旭知遇を得、社会・教育事業を志す。大正8年大乗(マハヤナ)学園を創設し、巣鴨女子商業学校を設立、第2次大戦後には浄土宗教育資団淑徳高等女学校と大乗学園巣鴨女子商業高等学校と合併して大乗淑徳学園を創設、幼稚園から大学までの総合学園の基礎を築いた。また大正大社会事業研究室主任教授をつとめ、仏教・教育・社会事業の三位一体を説いた。著書に「長谷川良信選集」(2巻)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android