コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川光信 はせがわ みつのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川光信 はせがわ-みつのぶ

?-? 江戸時代中期の浮世絵師。
大坂の人。享保(きょうほう)15年(1730)の「絵本御伽品鏡(おとぎしなかがみ)」,宝暦2年(1752)刊の「絵本家賀御伽(かがみとぎ)」など絵本の仕事がおおくのこっている。通称は庄蔵別号に松翠軒,柳翠軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

長谷川光信

生年:生没年不詳
江戸中期の大坂の浮世絵師。俗称庄蔵。松翠軒,柳翠軒と号した。享保(1716~36)中期から宝暦期(1751~64)にかけて活躍。『絵本御伽品鏡』(1730)などの絵本,それに挿絵本が多い。様式的には西川祐信を継承している。

(浅野秀剛)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

長谷川光信の関連キーワード日本山海名物図会平瀬徹斎