コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川光信 はせがわ みつのぶ

2件 の用語解説(長谷川光信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川光信 はせがわ-みつのぶ

?-? 江戸時代中期の浮世絵師。
大坂の人。享保(きょうほう)15年(1730)刊の「絵本御伽品鏡(おとぎしなかがみ)」,宝暦2年(1752)刊の「絵本家賀御伽(かがみとぎ)」など絵本の仕事がおおくのこっている。通称は庄蔵。別号に松翠軒,柳翠軒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長谷川光信

生年:生没年不詳
江戸中期の大坂の浮世絵師。俗称庄蔵。松翠軒,柳翠軒と号した。享保(1716~36)中期から宝暦期(1751~64)にかけて活躍。『絵本御伽品鏡』(1730)などの絵本,それに挿絵本が多い。様式的には西川祐信を継承している。

(浅野秀剛)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長谷川光信の関連キーワード稲垣つる大岡道信北尾辰宣珠雀斎詮茂寺沢昌次蟠竜軒不韻斎万月堂吉川盛信