コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庄蔵 しょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

庄蔵 しょうぞう

1752-1796 江戸時代中期-後期の漂流民。
宝暦2年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)の神昌丸乗組員。天明2年船頭の大黒屋光太夫らと遠州灘で遭難し,翌年アリューシャン列島のアムチトカ島に漂着。のちロシアに帰化し,イルクーツクの日本語学校の教師となった。寛政8年同地で死去。45歳。ロシア名はヒョードル=ステパノビッチ=シトニコフ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

庄蔵の関連キーワード豊竹若太夫(4代)十寸見蘭洲(2代)豊竹若太夫(3代)歌川国貞(初代)歌川豊国(三代)石黒政美(初代)初代琴通舎芙賀モリソン号事件初代歌川国貞曾根原六蔵山岡 荘八木村庄之助琴通舎英賀阿出川真水星の屋輝雄長谷川光信田波 御白山岡荘八歌川国貞山岡賢次

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庄蔵の関連情報