長身痩躯(読み)ちょうしんそうく

四字熟語を知る辞典「長身痩躯」の解説

長身痩躯

背が高くやせている体。背が高くほっそりとした体つき

[使用例] 中隊長森大尉は、長身痩躯、精悍の気眉間に溢るといふ風の人であったが[田山花袋*第二軍従征日記|1905]

[使用例] 朱先生は長身痩躯の色の黒い人であったが[阿川弘之*春の城|1952]

[類語] そうしんちょう

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「長身痩躯」の解説

ちょうしん‐そうく チャウシン‥【長身痩躯】

〘名〙 やせがたで背が高いこと。
※第二軍従征日記(1905)〈田山花袋〉七月二八日「中隊長森大尉は、長身痩躯(サウク)、精悍の気眉間に溢るといふ風の人であったが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android