門田金治(読み)かどた きんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

門田金治 かどた-きんじ

?-? 江戸時代中期の豪農。
伊予(いよ)(愛媛県)大洲(おおず)藩の御用油師をつとめる。安永4年(1775)藩主加藤泰候(やすとき)によって殖産のため砥部(とべ)で砥石屑(くず)をつかって磁器製造がはじめられた際,その資本主に指定される。のち藩から窯や工場をゆずりうけた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android