コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閉鎖子嚢果 へいさしのうかcleistothecium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閉鎖子嚢果
へいさしのうか
cleistothecium

子嚢菌類の生殖器官である子嚢果の一種。コウジカビ類やウドンコビョウキン類にみられる。形は球形,亜球形などで,表面に種々の形をした突起や毛状体などを有することもあるが,その内腔に子嚢を形成する。閉鎖子嚢果は孔口がないが,子嚢が完熟すると破開して子嚢胞子を逸出する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

閉鎖子嚢果の関連キーワード子嚢菌類

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android