開元(読み)カイゲン

デジタル大辞泉の解説

かい‐げん【開元】

基礎を築くこと。特に、を始めること。

かいげん【開元】[年号]

中国唐代、玄宗皇帝の時の年号。713年~741年。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいげん【開元】

もとを開くこと。基礎を築くこと。特に、国を開くこと。

かいげん【開元】

中国唐代、玄宗の時の年号(713~741)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐げん【開元】

[1] 〘名〙 基礎を築くこと。特に、国を開くこと。開基。開国。
※颶風新話(航海夜話)(1857)凡例「紀元何年と称するものは、彼邦開元より算するものにして」 〔漢書‐李尋伝〕
[2] 中国、唐の玄宗皇帝の代の年号。(七一三‐七四一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開元の関連情報