コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開基 カイキ

3件 の用語解説(開基の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かい‐き【開基】

[名](スル)
物事のもとを開くこと。基礎を築くこと。
「ビホロ町では、…―六十六周年、町制施行三十周年の祝典が催される」〈武田泰淳森と湖のまつり
仏寺または一宗派を創立すること。また、その僧。開山。
仏寺創建の際、財政的支持を行う世俗の人。特に禅宗で、開山と区別していう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かいき【開基】

( 名 ) スル
寺院を創立すること。また、創立した人。開山。 「行基の-した寺」
物事のもとを開くこと。 「朝廷-の後/平家 5
宗教の一派を創始すること。また、創始した人。 「寺を立て、宗風を-するに/太平記 26

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

開基
かいき

寺院を開創すること。また寺院を開創した僧(開山)、あるいは開創のために土地や資財を寄進した在俗の信者をさす。祖先が開基となった檀越(だんおつ)(檀家)を開基家(かいきけ)とよぶこともある。[永井政之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の開基の言及

【開山・開基】より

…鎌倉時代以後,寺号の上に山号を付すのはこのことによる。また寺基を開くことから開基と称した。多くの場合開山と開基は同義語的に用いられるが,禅宗や浄土宗では寺院の創建に尽力した資主(檀越(だんおつ))を開基とよび,その開創の僧を開山とよんで区別している。…

※「開基」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

開基の関連キーワード開山開港開創開披胸襟を開く好調発源萌芽満開襟を開く

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

開基の関連情報