コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開基 カイキ

デジタル大辞泉の解説

かい‐き【開基】

[名](スル)
物事のもとを開くこと。基礎を築くこと。
「ビホロ町では、…―六十六周年、町制施行三十周年の祝典が催される」〈武田泰淳森と湖のまつり
仏寺または一宗派を創立すること。また、その僧。開山。
仏寺創建の際、財政的支持を行う世俗の人。特に禅宗で、開山と区別していう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいき【開基】

( 名 ) スル
寺院を創立すること。また、創立した人。開山。 「行基の-した寺」
物事のもとを開くこと。 「朝廷-の後/平家 5
宗教の一派を創始すること。また、創始した人。 「寺を立て、宗風を-するに/太平記 26

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

開基
かいき

寺院を開創すること。また寺院を開創した僧(開山)、あるいは開創のために土地や資財を寄進した在俗の信者をさす。祖先が開基となった檀越(だんおつ)(檀家)を開基家(かいきけ)とよぶこともある。[永井政之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の開基の言及

【開山・開基】より

…鎌倉時代以後,寺号の上に山号を付すのはこのことによる。また寺基を開くことから開基と称した。多くの場合開山と開基は同義語的に用いられるが,禅宗や浄土宗では寺院の創建に尽力した資主(檀越(だんおつ))を開基とよび,その開創の僧を開山とよんで区別している。…

※「開基」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開基の関連情報