開基(読み)かいき

精選版 日本国語大辞典「開基」の解説

かい‐き【開基】

〘名〙
① (━する) もといを開くこと。基礎を作ること。
平家(13C前)五「(かるがゆゑに)朝廷開基の後、数千余歳のあひだ、帝猷をかたぶけ、国家をあやぶめむとする物、みなもって敗北せずといふ事なし」 〔後漢書‐耿弇伝〕
② (━する) 仏寺を創立すること。また、その人。開山開祖
太平記(14C後)一七「我内には円宗の教法を守り、外には百王の鎮護を致さん為に、当山開基(カイキ)の初めより跡を垂れし事なれば」
③ (━する) 宗教の一派を創始すること。また、その人。
※太平記(14C後)二六「軈(やがて)一条堀川村雲の反橋と云ふ所に、寺を立て宗風を開基(カイキ)するに」
禅宗で、寺院創建の資財を提供した人を、特に開山と区別していう。大檀那(だいだんな)
真宗で、宗祖親鷲を開山と称するのに対して、末派寺院の創設者をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「開基」の解説

かい‐き【開基】

[名](スル)
物事のもとを開くこと。基礎を築くこと。
「ビホロ町では、…―六十六周年、町制施行三十周年の祝典が催される」〈武田泰淳森と湖のまつり
仏寺または一宗派を創立すること。また、その。開山。
仏寺創建の際、財政的支持を行う世俗の人。特に禅宗で、開山と区別していう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)「開基」の解説

開基
かいき

寺院を開創すること。また寺院を開創した僧(開山)、あるいは開創のために土地や資財を寄進した在俗の信者をさす。祖先が開基となった檀越(だんおつ)(檀家)を開基家(かいきけ)とよぶこともある。

[永井政之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

普及版 字通「開基」の解説

【開基】かいき

創立する。・何晏〔景福殿の賦〕物しとして知らざる無く、乃ちを比す。天地に讐(ひと)しうして以て基を開き、列宿に竝んで制を作(な)す。

字通「開」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の開基の言及

【開山・開基】より

…鎌倉時代以後,寺号の上に山号を付すのはこのことによる。また寺基を開くことから開基と称した。多くの場合開山と開基は同義語的に用いられるが,禅宗や浄土宗では寺院の創建に尽力した資主(檀越(だんおつ))を開基とよび,その開創の僧を開山とよんで区別している。…

※「開基」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android