コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年号 ネンゴウ

デジタル大辞泉の解説

ねん‐ごう〔‐ガウ〕【年号】

年につける称号。中国の武帝の時の建元を初めとし、日本では645年の大化に始まる。即位・瑞祥(ずいしょう)・災変、また、干支辛酉(しんゆう)甲子(かっし)の年に改号した。明治以後は一世一元の制となり、現在は元号法により皇位継承のあったときに限り年号を改めると規定。元号。→私年号

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

年号【ねんごう】

元号

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ねんごう【年号】

元号げんごうの一般的な言い方。 → 元号

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年号
ねんごう

元号」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

年号
ねんごう

元号(げんごう)ともいう。東洋における紀年法の一種で、統治者の即位、祥瑞(しょうずい)、災異などのあった年を起算年として、嘉号(かごう)を冠して用いられる。年号の起源は中国にあり、中国では統治者は土地人民のみならず時間をも支配するという思想に基づき、年号の制定は統治者の特権とされ、またその年号を使用することはその支配に従うことを意味した。この制は、中国文化の影響を受けた朝鮮や日本などの周辺の諸国に広まった。
 年号は紀年法の一種ではあるが、一代に数回も改元があり煩雑であって、たとえ一世一元であっても、その使用期間が短い例が少なくない。したがって年号を聞いただけではその時代を容易に識別することが困難な場合が多い。一方、紀元年数による紀年法では歴史的事件の前後関係の判断は簡単明瞭(めいりょう)であり、歴史学・年代学にとっては、年号よりも紀元年数で表すほうが便利である。[渡辺敏夫]

中国の年号

中国では、初めは帝王の即位の翌年を元年とし、帝王の何年として年数を数えた。年号を正式に定めた最初は前漢の武帝とされ、即位の翌年(前140)を建元元年とし、以降、武帝一世だけで6年ごとに元光・元朔(げんさく)・元狩(げんしゅ)・元鼎(げんてい)・元封(げんぽう)、ついで4年ごとに太初・天漢・太始・征和と改めた。なお、武帝の建元の制定についてはその年時を含めて諸説があり、問題が残っている。
 唐の高宗は治世34年間に14回の改元を行った。清(しん)朝の太宗を除くと、明(みん)・清両朝時代になって一世一元の制が確立された。中国での改元は史上600回余にも及び、重複した年号も少なくない。称号は瑞祥を表すものやある理想を表すものが多い。文字数は普通2字であるが、3字、4字のものもある。[渡辺敏夫]

日本の年号

日本では孝徳(こうとく)天皇の大化(たいか)(645~650)が最初とされるが、次の白雉(はくち)(650~654)や、天武(てんむ)天皇の朱鳥(しゅちょう)(686)とともに実施について疑問視する学説がある。確実かつ継続的に用いられるようになったのは文武(もんむ)天皇の大宝(たいほう)(701~704)からである。これより前、推古(すいこ)天皇の時代に法興(ほうこう)という年号が法隆寺金堂の釈迦(しゃか)三尊像光背銘などにみえるが、これは聖徳太子の周辺で使用された私年号とする学説が有力である。
 年号は、学者の提出した年号案(勘文(かんもん))に基づき、公卿(くぎょう)の討議(改元定)を経て勅裁したものが詔書をもって公布され、改元の時期にかかわらず、その年初にさかのぼって用いられた。年号は通常2文字であるが、奈良時代には天平感宝(てんぴょうかんぽう)、天平勝宝(しょうほう)、天平宝字(ほうじ)、天平神護(じんご)、神護景雲(けいうん)という4文字の例がある。これは当時の中国での流行の影響を受けたものである。年号の文字は中国の古典を出典として選ばれるが、奈良時代の前後には慶雲(けいうん)、和銅(わどう)、神亀(じんき)など出現した瑞祥を具体的に表現したものが多いのに対し、平安時代以降には大同(だいどう)、弘仁(こうにん)、天長(てんちょう)など吉祥句や儒教的政治理念を表したものが多くなる。日本の年号数は大化から平成(へいせい)まで、南北両朝のものを含め247に達するが、使用された文字数は72にすぎず、そのうち1回だけのものが30であるので、実際には約40文字が繰り返し使用された。また中国と同一の年号は貞観(じょうがん)・建武(けんむ)・元和(げんな)など約30あるが、日本の年号を重複して使用した例はない。
 年号は皇権の象徴でもあったため、源平の争乱や南北朝時代に朝廷が分裂した際には双方のたてた年号がそれぞれの勢力下で使用された。また室町・戦国時代には弥勒(みろく)・福徳(ふくとく)などの私年号が地域的に用いられたことがある。
 1868年(明治1)に年号は一世一元と定められ、その後旧皇室典範の規定により践祚(せんそ)の日に改元が行われ、大正・昭和の両年号はこれによった。第二次世界大戦後の皇室典範には年号に関する規定がないが、1979年(昭和54)に元号法が成立し、年号は皇位の継承のあったときに限り政令で定めることになった。[岡田芳朗]
『所功著『日本の年号』(1977・雄山閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の年号の言及

【異年号】より

…天皇の制定施行によらずに国内の一部で作成使用された年号。私年号ともいう。…

【改元】より

…年号(元号)を改定する国家行事。日本における年号の使用は645年の大化に始まるが,その後断続があり,継続的に使用されるのは8世紀初頭の大宝,慶雲以降であって,改元行事もこのころから制度化したと考えられる。…

【元号】より

…一般には年号と呼ばれる。中国を中心とする東洋の漢字文化圏に広まった紀年法で,前漢の武帝のときに始まる。…

※「年号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

年号の関連キーワード年が替わる康熙・康煕年が改まる宇宙世紀管朱引き書下年号逸年号異年号化政度永楽保延大正白雉明徳宣徳朱雀朱鳥平成和暦化政

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

年号の関連情報