開度(読み)かいど(英語表記)divergence

翻訳|divergence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「開度」の解説

開度
かいど
divergence

につく葉の位置関係を示す尺度。すなわち,茎の中軸と葉の基部とを含む央面 median planeを葉ごとに考えるとき,隣合う2央面のなす角度を 360で割った値。言い換えれば,茎につく葉の値を,茎に垂直に上から見たとき,隣合う2枚の葉が出ている方向の差が開度角で,この開度角が全周 (360°) の何分の何であるかを分数値で示したのが開度である。多くの植物について調べると,開度角の最大は 180° (開度1/2。イネハナショウブなど) ,最小は 120° (開度1/3。スゲ,カヤツリグサなど) で,他はみなこの2つの間の値になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android