コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開放経済体制 かいほうけいざいたいせい

百科事典マイペディアの解説

開放経済体制【かいほうけいざいたいせい】

資本・商品などを国際的に自由に取引できる体制。封鎖経済体制に対する。第2次大戦後,先進資本主義諸国における貿易為替自由化GATTIMFを中心に進められたが,日本も1955年GATTに加盟し,1964年のIMF8条国移行,OECD加盟により開放経済体制にはいった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

開放経済体制の関連キーワード開放経済・封鎖経済農業構造改善事業ドッジ・ライン産業構造審議会特区と新特区経済難民人民公社中国株

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android