コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開音 カイオン

2件 の用語解説(開音の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かい‐おん【開音】

室町時代の日本語で、アウ・カウ・サウや、キャウ・シャウ・チャウなどが長音化した場合の母音。[ɔː]で表す。⇔合音(ごうおん)
中国音韻学の用語。口の開きの大きい音節で、円唇性の音をもたないもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいおん【開音】

鎌倉時代から室町時代にかけて、オ列長音は口の開き方の広狭で二種に区別されていたが、その広い方をさす。アウ・カウ・アフ・カフ・キャウ・シャウ・ヤウなどが長音化して、オー [ɔː] と発音されたもの。元禄(1688~1704)頃には二種の区別が失われた。開口音。 ↔ 合音

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

開音の関連情報