コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開音 カイオン

デジタル大辞泉の解説

かい‐おん【開音】

室町時代の日本語で、アウ・カウ・サウや、キャウ・シャウ・チャウなどが長音化した場合の母音。[ɔː]で表す。⇔合音(ごうおん)
中国音韻学の用語。口の開きの大きい音節で、円唇性の音をもたないもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいおん【開音】

鎌倉時代から室町時代にかけて、オ列長音は口の開き方の広狭で二種に区別されていたが、その広い方をさす。アウ・カウ・アフ・カフ・キャウ・シャウ・ヤウなどが長音化して、オー [ɔː] と発音されたもの。元禄(1688~1704)頃には二種の区別が失われた。開口音。 ⇔ 合音

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

開音の関連キーワードオーストロネシア語族ミクロネシア諸言語ポリネシア諸言語メラネシア諸言語フィンランド語パプア諸言語バントゥ語族イ語(彝語)イタリア語スラブ語派ハワイ語室町時代表音文字マレー語マオリ語朝鮮語閉音節ナシ語日本語開口音

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android