コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閑窓 カンソウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐そう〔‐サウ〕【閑窓】

もの静かな。ひっそりとした静かな住まい。
「―の月に嘯(うそぶ)けば」〈太平記・三七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんそう【閑窓】

閑静な部屋の窓。 「 -の月に嘯うそぶけば忘れぬ思ひ猶深し/太平記 37

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

閑窓の関連キーワード柳原紀光(やなぎわらのりみつ)曾呂利新左衛門北山七僧柳原紀光沢村琴所西山拙斎三浦瓶山森山孝盛佐藤竜谷

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android