間が抜ける(読み)まがぬける

精選版 日本国語大辞典「間が抜ける」の解説

ま【間】 が 抜(ぬ)ける

① (音楽などで)拍子が抜ける。調子がはずれる。
浄瑠璃・大磯虎稚物語(1694頃)三「使ひが走れば禿が来りどっこいそりゃまがぬける」
② することにぬかりがある。ぼんやりする。
※雑俳・柳多留‐一五(1780)「間のぬけた事上下で小松原

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「間が抜ける」の解説

・ける

調子が外れる。拍子抜けする。「—・けた音楽」
大事なことが抜け落ちている。「—・けた話」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android