間接エネルギー測定法

栄養・生化学辞典「間接エネルギー測定法」の解説

間接エネルギー測定法

 ヒトなどのエネルギー生産量を測定する方法で,呼吸試験によって消費される酸素と排出される二酸化炭素の量を求め,さらに尿へ排泄される窒素の量を定量して,体内で燃焼した,脂肪,タンパク質の量を求めエネルギー生産量を算出する方法.放散する熱量を直接定量する直接エネルギー測定法に対して使われる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報