コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間接的 カンセツテキ

デジタル大辞泉の解説

かんせつ‐てき【間接的】

[形動]何かが間に立った状態で物事が行われたり関係したりするさま。「間接的な援助」「間接的に彼を知っている」⇔直接的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんせつてき【間接的】

( 形動 )
何かを仲立ちにして行うさま。他の何かを通してはたらきかけるさま。 ⇔ 直接的 「 -に影響される」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

間接的の関連キーワード資本収支(Capital Balance)ズール‐中村相互作用クエン酸イソプロピルGNPデフレーター状況証拠・情況証拠ウオーターバスフィックの原理アリュージョン傍糸球体指数裁定為替相場伝染性感染症ソフト・セル架線電流計寄物陳思歌積極的平和血圧降下薬間接民主制反射的利益アネクメネソフトセル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間接的の関連情報