コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

話法 わほうnarration

翻訳|narration

3件 の用語解説(話法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

話法
わほう
narration

英文法用語。ある人の言った言葉や考えた内容を伝達するときの表現法。そのままの形で伝達する方法を直接話法 direct speechといい,内容をとってそれを従属節や句の形にして文のなかにはめこむ方法を間接話法 indirect speechという。また,語順は直接話法と同じで,時制代名詞の用法は間接話法と同じものを描出話法 represented speechと称する。なお,日本のドイツ語学ではのことを話法と称する習慣があり,sollenや dürfenなど6つ (あるいは lassenを加えて7つ) の助動詞を話法の助動詞 Modalverbenと呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

わほう【話法】

話し方。話をする技術。話術。 「すぐれた-」
自分の話や文章の中で、他人がすでに行なった発話を再現するときの方法。発話をそっくりそのまま引用する直接話法と、現在の自分の立場から表現しなおす間接話法とがある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

話法の関連情報