コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間縄 ケンナワ

3件 の用語解説(間縄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けん‐なわ〔‐なは〕【間縄】

種まき・植え付けなどのときに、間隔を整えるために用いる縄。一間(いっけん)ごとに印を付けたもの。
1間ごとに印を付けた測量用の縄。検縄。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

間縄【けんなわ】

1間ごとに印を付けた縄で,種まきや苗の植付の間隔を整えるのに用いた。また江戸時代および明治初年に検地大まか距離測量用に用いられたひもで,1間(または1m)ごとに金属環でマークしたものもいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

けんなわ【間縄】

田地測量用の縄。一間ごとに間札がついている。検縄。
播種はしゆ・苗の移植などの際に間隔を一定にするために用いる目盛りのついた縄。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

間縄の関連情報