間縄(読み)ケンナワ

デジタル大辞泉の解説

けん‐なわ〔‐なは〕【間縄】

種まき・植え付けなどのときに、間隔を整えるために用いる縄。一間(いっけん)ごとに印を付けたもの。
1間ごとにを付けた測量用の。検縄。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

間縄【けんなわ】

1間ごとに印を付けた縄で,種まきや苗の植付の間隔を整えるのに用いた。また江戸時代および明治初年に検地や大まかな距離測量用に用いられたひもで,1間(または1m)ごとに金属環でマークしたものもいう。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

けんなわ【間縄】

田地測量用の縄。一間ごとに間札がついている。検縄。
播種はしゆ・苗の移植などの際に間隔を一定にするために用いる目盛りのついた縄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android