棕櫚(読み)シュロ

  • ×棕×櫚
  • ×棕×櫚/×棕×梠
  • すろ
  • シュウロ)
  • 棕櫚 (シュロ・スロ

デジタル大辞泉の解説

ヤシ科の常緑高木。高さは5メートル以上になり、幹は直立し、枝がなく、のような毛で覆われる。頂上に群生する葉は長い柄をもち、手のひら状で大きい。雌雄異株。5、6月ごろ、淡黄色の小花を多数つけ、のち、青黒色球形の実を結ぶ。南九州の原産。材を書斎・亭などの柱や器物に、毛状の棕櫚皮をたわし・ほうきなどに、葉を帽子・敷物うちわなどの材料に用いる。わじゅろ。すろ。 花=夏》
紋所の名。1の葉の開いた形を図案化したもの。
しゅろ(棕櫚)」に同じ。
「姿なけれど―の木、唐めきて」〈・四〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Trachycarpus fortuni
植物。ヤシ科の常緑高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

棕櫚の関連情報