コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棕櫚/棕梠 シュロ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐ろ【××櫚/××梠】

ヤシ科の常緑高木。高さは5メートル以上になり、幹は直立し、枝がなく、のような毛で覆われる。頂上に群生するは長い柄をもち、手のひら状で大きい。雌雄異株。5、6月ごろ、淡黄色の小花を多数つけ、のち、青黒色で球形の実を結ぶ。南九州原産。材を書斎・亭などの柱や器物に、毛状の棕櫚皮を縄・たわし・ほうきなどに、葉を帽子・敷物うちわなどの材料に用いる。わじゅろ。すろ。 花=夏》
紋所の名。1の葉の開いた形を図案化したもの。

す‐ろ【××櫚】

しゅろ(棕櫚)」に同じ。
「姿なけれど―の木、唐めきて」〈・四〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

棕櫚 (シュロ・スロ;シュウロ)

学名:Trachycarpus fortuni
植物。ヤシ科の常緑高,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

棕櫚/棕梠の関連キーワードモンポウ:前奏曲 第7番/piano soloシュロ(棕櫚)山田 夏子佐野 岳夫シンマクス常岡 文亀棕櫚・棕梠亀の子束子棕櫚の主日貧乏鼻緒枝の主日常岡文亀江戸刷毛磨き丸太棕櫚細工井上鹵滴棕櫚団扇棕櫚毛棕櫚箒棕櫚縄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android