コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関の戸/関の門 セキノト

デジタル大辞泉の解説

せき‐の‐と【関の戸/関の門】

関所の門。関門。せきど。また転じて、関所。
「―も明け方近くなりにけり今なくとりはそらねならじな」〈続古今・雑中〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

関の戸

三重県亀山市、深川屋が製造・販売する銘菓赤小豆のこし餡を白い求肥皮で包み、和三盆をまぶした餅菓子鈴鹿の峰に降り積もる雪をモチーフに考案されたといわれる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

関の戸/関の門の関連キーワード谷風梶之助(2代)三重県亀山市競伊勢物語がらっとノッカー関所

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android