関係演算子(読み)カンケイエンザンシ

デジタル大辞泉「関係演算子」の解説

かんけい‐えんざんし〔クワンケイ‐〕【関係演算子】

二つの大小を比較する演算子多くプログラミング言語で、「ABより大きい」場合はA>B、「AはBより小さい」場合はA<Bと表記し、であれば1、であれば0の値を出力する。また、「AはB以上」「AはB以下」の場合はそれぞれA>=B、A<=Bと表記し、「AとBが等しい」場合はA==Bと表記する。比較演算子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「関係演算子」の解説

関係演算子

両者の関係を比較する条件式などで利用する演算子。「=」、「」、「=」などがこれにあたる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android