関俊平(読み)せき としひら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関俊平 せき-としひら

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
父の大方政家(おおかた-まさいえ)は下総(しもうさ)大方郷(茨城県)と,常陸(ひたち)(茨城県)関郡を領した。俊平は関郡にすみ常陸関氏の祖となった。「保元(ほうげん)物語」によると保元の乱(1156)の際,源義朝(よしとも)にしたがった。のち弟政綱(まさつな)も関氏を名のった。通称は二郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android