保元(読み)ホウゲン

日本の元号がわかる事典の解説

ほうげん【保元】

日本の元号(年号)。平安時代の1156年から1159年まで、後白河(ごしらかわ)天皇、二条(にじょう)天皇の代の元号。前元号は久寿(きゅうじゅ)。次元号は平治(へいじ)。1156年(久寿3)4月27日改元。後白河天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『顔子家訓(がんしかくん)』を出典とする命名。1156年(保元1)7月11日、皇位継承問題や摂関家の藤原氏内部の対立から、朝廷が崇徳(すとく)上皇派と後白河天皇派に分裂して、保元の乱が起こった。この日、天皇方の平清盛(きよもり)・源義朝(よしとも)らが崇徳上皇らの籠もる白河殿を夜襲して、上皇方が敗退した。崇徳上皇は讃岐に配流、左大臣藤原頼長(よりなが)は傷を負って死亡、上皇方の平忠正(ただまさ)・源為義(ためよし)らは斬首、源為朝(ためとも)は伊豆大島に流刑となった。1158年(保元3)、後白河天皇が皇子の二条天皇に譲位し、院政を開始した。◇「ほげん」とも読む。

ほげん【保元】

⇒保元(ほうげん)

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうげん【保元】

平安時代、後白河・二条両天皇の代の年号。久寿三年(一一五六)四月二七日天皇即位により改元、保元四年(一一五九)四月二〇日に次の平治となる。ほげん。出典は「顔子家訓‐文章」の「深宜防慮、以保元吉也」。

ほげん【保元】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保元の関連情報