コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関南瀕 せき なんぴん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関南瀕 せき-なんぴん

1718-1783 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)3年5月10日生まれ。京都にでて伊藤蘭嵎(らんぐう)にまなび,同地で教授した。寛延4年丹波篠山(ささやま)藩(兵庫県)にまねかれ,明和3年藩校振徳堂が創設されると学士となりその運営を統括した。天明3年4月28日死去。66歳。大坂出身。名は世美(ときよし)。字(あざな)は士済。通称は文平。著作に「南瀕詩文稿」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関南瀕の関連キーワード総合年表(アメリカ)安保理決議1695と1718キャベンディッシュ天明の飢饉国連安保理決議と議長声明カール[12世]カールカルル12世堀麦水安藤陽洲

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone