学士(読み)ガクシ

百科事典マイペディアの解説

学士【がくし】

大学短期大学を除く)卒業者に与えられる学位。日本の学士制度は1872年の〈学制〉で始まった。1886年帝国大学制度以降,帝国大学卒業生の称号となり,大正期以降は公・私立大学卒業生にも同じ称号が与えられた。第2次大戦前までの学士号は社会的威信が高かったが,戦後はその威信も低下している。学士号は専攻に応じた種類があったが,1991年の大学設置基準改正により種類はなくなり,また同時に行われた学位規則改正により,学士も学位の一種とされた。さらに大学卒業者以外にも,所定の科目単位数を取得した者には学位授与機構から学士学位が与えられることとなった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がくし【学士】

大学卒業者に与えられる学位。新制大学発足時は24種,旧制大学時代は12種であった。現在の学士制度は欧米の大学卒業者に与えられるバチェラーbachelorの制度を移入したものである。しかし,日本の大学制度の中に学士制度があらわれたのは1872年(明治5)の〈学制〉の中であり,この時は古代の律令制度にならって,博士(はかせ),得業士と並んで大学卒業生への学位の一つとされた。東京大学の創立(1877)以降,欧米大学の制度にならった学士制度が実施されたが,この時も,学士は学位であり,高い威信をもつものとされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がくし【学士】

学位の一。大学を卒業した者、大学を卒業した者と同等以上の学力を有すると認められた者に授与される。
学問を専門とする人。学者。 「三宅石庵は王陽明の風な-ぢやが/胆大小心録」
律令制で、経書の講義をした春宮とうぐう坊の職員。東宮学士。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

学士
がくし

学位の一種。イギリス、アメリカではバチェラーbachelor、フランスではリサンスlicenceで、3、4年の大学卒業生に授与される。日本で学士制度が現れるのは1872年(明治5)の「学制」からで、学位の一つであったが、1886年の帝国大学発足以後、「学士」は称号となり、3年在籍を要件とした。新制大学では、1947年(昭和22)に発足した当時は4年在籍を履修要件とし、称号扱いであったが、1991年(平成3)学位規則が改正され、学士の称号は学位となった。また、それまで大学卒業者にしか与えられていなかった学士号は、同年設置された学位授与機構(現、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構)により、大学校(防衛大学校、海上保安大学校など)の卒業者や、短期大学、高等専門学校を卒業して大学などで必要な単位を累積取得した者にも授与されるようになった。[金子忠史]
『絹川正吉・舘昭編著『学士課程教育の改革』(2004・東信堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の学士の言及

【学位】より

…専門的な学問を修得したこと,あるいは学術上の創造的業績をあげたことを証明するために,大学または国家が与える称号。日本では学士,修士,博士(はくし)の三つがある。
[沿革]
 博士をはじめとする学位制度の起源は中世ヨーロッパの大学にある。…

【翰林学士】より

…天子の秘書であり,また政治の顧問にあずかった。その宮中における出仕の館,翰林学士院は略して翰林院,また学士院と称せられ,雅名を翰苑という。翰林学士は初め,書画医卜などの専門家と共に宮中に召され,翰林待詔と呼ばれたが,玄宗の開元26年(738)独立して学士と称せられるようになった。…

※「学士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学士の関連情報