コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関税割当て(制度)

1件 の用語解説(関税割当て(制度)の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

関税割当て(制度)

関税割当制度とは、一定の輸入数量の枠内に限り、無税又は低税率(一次税率)を適用して、需要者に安価な輸入品の供給を確保する一方、この一定の輸入数量の枠を超える輸入分については、高税率(二次税率)を適用することによって国内生産者の保護を図る仕組みである。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関税割当て(制度)の関連キーワード関税割当制度OGL管理貿易シーリング方式非関税障壁抱合せ輸入割当制度IQ制度関税化とミニマムアクセス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone