コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関税譲許 かんぜいじょうきょtariff concession

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関税譲許
かんぜいじょうきょ
tariff concession

ガット GATTの加盟国が互譲的関税交渉により関税率の譲歩と認許をすること。ガット加入にあたって各加盟国は自国の譲許税率を原則としてすべての加盟国に無差別に適用しなければならない。その修正や撤回にあたっては原交渉国および主要関係国の合意が必要である。なお加盟国が譲許した関税率の内容を細部にわたってまとめたものを関税譲許表という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

関税譲許の関連キーワードケネディ・ラウンドガット(GATT)協定税率

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android