コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関節肢 かんせつし

2件 の用語解説(関節肢の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かんせつし【関節肢】

節足動物に特有な脚の一型。一定数の肢節関節を形成してつながって一脚をなす。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんせつし【関節肢 jointed appendage】

節足動物に発達した肢節に分かれた付属肢をいう。肢節は互いに関節するとともに,肢基部では体節とも関節する。肢節の数は三葉虫類では8,鋏角(きようかく)類,甲殻類,多足類,昆虫類では7が基本と考えられ,三葉虫類,鋏角類,甲殻類では基部肢節から主肢(内肢)と並んで多数に分節した枝肢(外肢)が派生する。肢節はさらに二次的に分節あるいは融合し,突起,とげ,剛毛などを生じ,外肢などを消失したりして,各付属肢はそれぞれ特有の役割に応じた独特の形になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

関節肢の関連情報