コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付属肢 ふぞくしappendage

翻訳|appendage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

付属肢
ふぞくし
appendage

動物の体から突出する,いわゆる脚などの付属物。環形動物 (ゴカイなど) の疣足 (いぼあし) は,ほぼ各体節ごとにみられ,付属の原型的なものと考えられる。クマムシなどでは,先端に鉤をもつ爪足へと発達し,節足動物では関節をもつ関節肢となる一方,付属肢を欠く体節も生じ,またある付属肢だけが特に発達したり変形したりして,歩行,保持などの機能に関して完成してくる。触角口器なども付属肢の変形である。脊椎動物では外肢といい,魚類の鰭も含めて,体の中央にある正中肢と,左右に対をなす有対肢に大別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

付属肢【ふぞくし】

環形動物や節足動物などの各体節に,原則として1対ずつある肢。環形動物のいぼ足様のものから次第に発達して,節足動物では分節が起こって機能的になり,関節肢ともいわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふぞくし【付属肢 appendage】

体節動物の各体節には1対の付属肢があるのが基本型である。ゴカイ類(環形動物)の各体節には,体壁の膨出したいぼ足がみられる。カギムシ(有爪動物),クマムシ(緩歩動物)の付属肢にはつめがあって,つめ脚となる。さらに節足動物になると,付属肢は分節して関節肢となり,先端節にはつめを生じ,機能的にも進化してくる。同時に体節の癒合や分化にともなって付属肢にも分化が生じる。頭節の付属肢は触角や口器(上唇,大あご,小あご,下唇など)となり,胸節と腹節の付属肢はそれぞれ胸脚,腹脚として,歩行や遊泳に用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふぞくし【付属肢】

体節から成る動物において、原則として各体節に一対ずつある肢。環形動物の疣足いぼあし、節足動物の関節肢、脊椎動物の外肢など。分化して触角や口器・胸脚・腹脚・歩脚・遊泳脚・生殖肢などの区別も生じている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の付属肢の言及

【足∥肢】より

…動物体の一部が突出して体を支え移動させる働きをする構造物は,一般に〈あし〉と呼ばれ,足・脚・肢の字が用いられるが,その区別は慣用的なものである。足と呼びうる特別な部分がなくても移動する動物は数多くあり(傘運動をするクラゲ類や蠕動(ぜんどう)運動をするミミズ類など),また足と同じような構造でも形・働きの違いから足と呼ばれないものも多い(節足動物の多くの付属肢など)。
【無脊椎動物の足】
 無脊椎動物の足は形成部位も構造もさまざまである。…

※「付属肢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

付属肢の関連キーワードヒメエボシ(姫烏帽子)フクロムシ(囊虫)ノープリウス幼生ホウボウ(魴鮄)カシラエビ類ノープリウスはさみ(鋏)ホウネンエビイカリムシエボシガイフクロムシフィロソマ兜蟹・鱟魚カイエビ三葉虫類ヤドカリメガロパ顎脚類足∥肢ゾエア

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android