三葉虫類(読み)さんようちゅうるい(英語表記)Trilobita

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三葉虫類
さんようちゅうるい
Trilobita

節足動物門三葉虫綱。キチン質外骨格をもち,扁平,楕円形に近い外形で,頭,胸,尾の3部から成る。2本の縦に並ぶ軸溝のため,中軸と両側葉とに分けられるのがこの名の起りである。頭部には顔線で区別される自由頬があり,可動。胸部は多くの肋から成り,これらも可動。尾部は癒着した数個の体節から成る。胸部の軸部腹面には1対の付属肢が軸方向に並ぶ。付属肢が2枝型であるので,長い間甲殻類に入れられていた。甲殻類の分枝が底筋で起るのに対し,三葉虫類では前基節で分枝するので,甲殻類から区別されるようになった。後肢は本来歩脚で,前副肢に鰓がある。幼生の発育段階についてよく知られているものもいくつかある。カンブリア紀オルドビス紀に繁栄し,最盛期はオルドビス紀で以後次第に衰えをみせ,ペルム紀にはわずかの属しか残らなくなり,ペルム紀の終りとともに絶滅した。示準化石として著名なものが多い。普通は3~5cmほどであるが,ときには実に巨大になるものもあり,ウラリカス Uralichasには 70cmにも達する個体がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android