コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防長 ボウチョウ

大辞林 第三版の解説

ぼうちょう【防長】

周防すおうと長門ながと。長周。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕防長(ぼうちょう)


現在の山口県全域をさす汎称(はんしょう)。周防(すおう)と長門(ながと)の1文字ずつを合成したもの。江戸時代、萩(はぎ)に藩庁を置いた毛利家とその支藩が周防・長門2国を統治し、明治以降に同県の代名詞として会社・施設名の冠称などに用いられる。歴史書『防長回天史(かいてんし)』など、近世から明治期にかけて盛んに使われた。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

防長の関連キーワード山口県熊毛郡上関町山口県立山口博物館御園生 翁甫馬屋原 二郎難波 作之進村田 峰次郎萩藩閥閲録難波作之進村田峰次郎吉富 簡一小川 五郎村上平次郎御園生翁甫小河 源一防長回天史柴田 家門滝口 吉良上田鳳陽近藤芳樹吉富簡一

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android