阿久根温泉(読み)あくねおんせん

日本大百科全書(ニッポニカ)「阿久根温泉」の解説

阿久根温泉
あくねおんせん

鹿児島県北西部、阿久根市にある温泉。高松川左岸にある。1912年(大正1)の開削。ラドン含量の多い塩化物泉で「塩湯」ともいわれる。肥薩(ひさつ)おれんじ鉄道、国道3号に沿い交通が便利で、付近には戸柱(とばしら)公園、阿久根大島などの観光地もある。

[平岡昭利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android