コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿波晩茶 あわばんちゃ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

阿波晩茶

茶葉を蒸してもみ、葉っぱのゆで汁に漬けて、シュロ芭蕉(ばしょう)の葉と木のふたで空気を遮断して発酵させ作る発酵茶の一種。14日~2カ月後に取り出して天日干しにする。県内では那賀町上勝町を中心に作られている。

(2017-09-28 朝日新聞 朝刊 徳島全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

阿波晩茶[茶類]
あわばんちゃ

四国地方、徳島県の地域ブランド。
那賀郡那賀町・勝浦郡上勝町で製作されている。茶葉を蒸したあと大きな桶に漬けて発酵させ、天日干しにする独特の製法が特徴。乳酸が多く含まれる健康飲料としても注目をあつめている。徳島県伝統的特産品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

世界大百科事典内の阿波晩茶の言及

【番茶】より

…現在では労賃や燃料費の関係で番茶をつくる農家が少なくなり,おおむね煎茶の精選工程で選別された下級品や台湾などからの輸入品が,この名で販売されている。同音のものに晩茶があり,徳島県の阿波晩茶,岡山県の作州晩茶などが知られている。この晩茶は,5月の新茶期に摘まず,そのまま新芽を生長させて7~8月に摘みとってつくる。…

※「阿波晩茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阿波晩茶の関連キーワード四国地方番茶

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿波晩茶の関連情報