阿漕の平次(読み)アコギノヘイジ

デジタル大辞泉「阿漕の平次」の解説

あこぎ‐の‐へいじ【阿漕の平次】

阿漕ヶ浦で、母の病のために禁断を破って魚をとり、簀巻すまにされたという伝説上の漁師謡曲浄瑠璃などの題材となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「阿漕の平次」の解説

阿漕の平次
(通称)
あこぎのへいじ

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
勢州阿漕浦
初演
宝暦13.11(大坂・亀谷座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android