コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簀巻(き) スマキ

1件 の用語解説(簀巻(き)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

す‐まき【×簀巻(き)】

で物を巻き包むこと。また、そのもの。
江戸時代の私刑の一。からだを簀で包み、水中に投げ込むもの。すのこまき。
湖や沼の浅い所に簀垣を設け、魚を捕らえる装置。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の簀巻(き)の言及

【刑罰】より

…なお寺社,当道の仲間等,身分ないし職業団体にはその長に刑罰権が認められたから,団体内の犯罪については独自の刑罰を行った。当道において溺殺の刑である簀巻(すまき)を執行したのはその例である。また町および村は自治的地域団体として軽い刑罰を行ったが,村の村八分はよく知られている。…

※「簀巻(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

簀巻(き)の関連キーワードボビン包み薦包み巻き鮨笹巻鯱巻手巻海苔巻巻紙目で物を言う

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone