コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簀巻(き) スマキ

デジタル大辞泉の解説

す‐まき【×簀巻(き)】

で物を巻き包むこと。また、そのもの。
江戸時代の私刑の一。からだを簀で包み、水中に投げ込むもの。すのこまき。
湖や沼の浅い所に簀垣を設け、魚を捕らえる装置。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の簀巻(き)の言及

【刑罰】より

…なお寺社,当道の仲間等,身分ないし職業団体にはその長に刑罰権が認められたから,団体内の犯罪については独自の刑罰を行った。当道において溺殺の刑である簀巻(すまき)を執行したのはその例である。また町および村は自治的地域団体として軽い刑罰を行ったが,村の村八分はよく知られている。…

※「簀巻(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

簀巻(き)の関連キーワード柴漬け・柴漬簀の子巻き阿漕の平次かまぼこ簀の子巻江戸時代ヤガラ岩石卵阿漕浦練製品刑具死刑鵜飼柴漬私刑花氈

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android