コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿賀沖油田 あがおきゆでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿賀沖油田
あがおきゆでん

新潟県阿賀野川河口沖の,日本海洋石油資源開発と出光日本海石油開発の共同鉱区で発見された日本最大の油・ガス田。 1972年1月に阿賀沖1号井で油・ガス田発見の端緒を得,その後5坑の試掘井で可採鉱量約 1000万 kl (原油換算) の日本初の本格的大陸棚油・ガス田であることを確認。 74年8月,沖合い 11km,水深 80mの位置に海洋プラットフォームを建設して開発に着手した。生産開始は 76年9月。同油田の北方には阿賀沖北油田が開発された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

阿賀沖油田の関連キーワード海底油田

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android