可採鉱量(読み)かさいこうりょう(英語表記)minable ore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

埋蔵鉱量のうち,採鉱しうる鉱量。実収鉱量ともいう。鉱石石炭は存在の仕方地質構造品位などにより,鉱量として計算されているうちの 50~70%程度しか経済的に採掘できない。可採鉱量はまた技術の進歩,対象鉱石の経済価値の変化によっても変動する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の可採鉱量の言及

【埋蔵量】より

…その計算基準はJISに規定されている。埋蔵量は原始埋蔵量(総鉱量ともいう)と可採埋蔵量(可採鉱量ともいう)とに分けられる。原始埋蔵量とは,生産が開始される以前の,発見された当初に油ガス層内に存在していた原油,天然ガスの総量をいう。…

※「可採鉱量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android