限定責任能力(読み)ゲンテイセキニンノウリョク

大辞林 第三版の解説

げんていせきにんのうりょく【限定責任能力】

刑法上の責任能力が低いこと。心神耗弱者しんしんこうじやくしやは刑が減軽される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げんてい‐せきにんのうりょく【限定責任能力】

〘名〙 刑法上の責任が限定軽減される場合の人をいう。心神耗弱(こうじゃく)者と、程度の軽い唖者がこれにあたる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の限定責任能力の言及

【責任能力】より

…責任能力は犯罪行為のときに要求され,刑の執行のときに要求される刑事訴訟法上の受刑能力とは異なる。現行刑法は消極的に,犯罪不成立となる責任無能力と責任能力が著しく減弱しているために刑が減軽される限定責任能力を規定する。14歳未満の者は責任無能力である(刑法41条)。…

※「限定責任能力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android