刑事責任(読み)けいじせきにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刑事責任
けいじせきにん

法律上の一定の負担。刑罰を科するための要件の一つで,犯人に対する非難可能性をいう。ただ,社会的責任論の立場からは,道義的非難は考慮されず,行為者の性格の危険性に責任の根拠が求められる。他方,道義的責任論の立場においては,かつて故意過失などの心理的要素に責任非難が向けられていたが (心理的責任論) ,期待可能性理論の発展とともに,行為者の非難可能性に責任の本体を求める規範的責任論が有力となった。なお,道義的責任論を基調としつつ性格の危険性をもあわせて考慮しようとする人格責任論も唱えられている。責任の要素には,故意,過失,責任能力,期待可能性,さらには違法性の意識 (ないしはその可能性) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

けいじせきにん【刑事責任】

犯罪者が刑罰として負わなければならない責任。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刑事責任
けいじせきにん

犯罪として刑罰を受けるべき刑法上の責任。責任につき、道義的責任(道徳的・倫理的責任)、政治的責任、法律的責任とが対比されることがあるが、刑事責任は法律的責任の一種である。法律的責任のなかで、違法行為に対する法的制裁を内容とする責任として、刑事責任のほか、民事責任や行政法上の責任があるが、このうち、刑事責任はもっとも強力な制裁である。したがって、刑事責任は、違法行為のうち、民事上や行政法上の制裁では有効に対処しえない場合の最後の手段として位置づけられる。この意味で、刑事責任は他の制裁との関連で第二次的・補充的な性格をもつものとされる。ところが、今日のわが国では、「刑罰法規の氾濫(はんらん)」などとよばれるように、行政刑法の領域では、行政取締りの必要から刑事責任が安易に利用されているのが現状である。
 ところで、刑事責任を問うためには、実体法上も、手続法上も、いくつかの要件を厳格に満たすことが要求される。実体法上は、犯罪は「構成要件に該当する違法かつ有責な行為」でなければならないと一般に解されており、さらに、刑事責任を問うためには、「適正な手続」に従って、刑事裁判所より、前記の犯罪成立要件を満たす行為が現に存在するものと判断されなければならない。[名和鐵郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けいじ‐せきにん【刑事責任】

〘名〙 犯罪行為に対して刑罰という制裁を受けなければならない法律上の責任。罪責

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の刑事責任の言及

【責任】より

… 〈法は道徳の最低限〉という表現があるとおり,法とくに刑法の規定する罪,たとえば殺人,窃盗,誘拐,詐欺などは,人が犯してはならない道徳的規則の最も基本的なものである。そこで,人々の主観によって恣意的な内容を与えられがちな道徳責任の概念を,刑事責任の事実をとおして,客観的に明らかにすることができる。刑事責任とは,刑罰を科せられるに値する能力ないし資格を指す。…

※「刑事責任」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刑事責任の関連情報