コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限界税率 げんかいぜいりつmarginal tax rate

2件 の用語解説(限界税率の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

限界税率
げんかいぜいりつ
marginal tax rate

課税標準の増分に対する税額の増分の比率をいう。課税標準の増分を ΔX ,税額の増分を ΔT とすれば,限界税率 t は,tΔT/ΔX で示される。比例税の場合の限界税率課税標準の変化に関係なく一定であるが,所得税の場合は累進税率構造をもっているので,限界税率は課税標準である所得の増大につれて上昇する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

げんかいぜいりつ【限界税率】

所得の課税対象額(課税標準)がある水準から増大したとき、その増大分に適用される税率。また、課税標準をいくつかに区分し、その区分ごとに異なる率で課される税率。累進課税では段階的に高くなり、比例税では不変、逆進課税では低くなる。 → 累進税

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

限界税率の関連情報