コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増分 ぞうぶんincrement

翻訳|increment

3件 の用語解説(増分の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

増分
ぞうぶん
increment

変数の変化した量。ある区間で定義された x の関数 yf(x) において,x の2つの値 aaΔx に対する y の値をそれぞれ f(a) ,f(aΔx) とするとき,

h=(aΔx)-a, kf(aΔx)-f(a)

はそれぞれ xy の増分と呼ばれる。この比
は,関数 f(x) の区間 [aaΔx] における平均変化率である。 hΔxkΔy と書くこともある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐ぶん【増分】

数量としてふえた分。
数学で、変数の二つの値の差。関数yfx)において、変数xの二つの値x1, x2に対するyの値をそれぞれy1fx1), y2fx2)とするとき、x2x1xの増分、y2y1yの増分といい、Δx, Δyと表すこともある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞうぶん【増分】

ふえた分。
関数 y f x )で変数 x の二つの値 x 1x 2 に対する関数の値を f x 1), f x 2)とするとき、x 2-x 1, f x 2)-f x 1)をそれぞれ x y の増分といい、それぞれ Δx , Δy で表す。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

増分の関連情報