比例税(読み)ヒレイゼイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比例税
ひれいぜい
proportional tax

課税標準の水準のいかんにかかわらず同じ税率が適用される税。所得税の例をとると、課税所得が100万円の場合にも1億円の場合にも同じ税率、たとえば20%の率が適用されれば、前者に対しては20万円、後者に対しては2000万円の納税義務額が生ずる。アダム・スミスは、比例税が公平の原則を満たす税であると考えたが、現代の多くの先進諸国においては、累進税制度が一般的である。[林 正寿]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ひれい‐ぜい【比例税】

〘名〙 課税率の定め方の一つ。課税の目的物の価格の大小にかかわらず、同じ税率で課税する税。→累進税

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android