コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比例税 ヒレイゼイ

大辞林 第三版の解説

ひれいぜい【比例税】

課税対象に対して、常に同じ税率で課税する税。 → 累進税逆進税

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比例税
ひれいぜい
proportional tax

課税標準の水準のいかんにかかわらず同じ税率が適用される税。所得税の例をとると、課税所得が100万円の場合にも1億円の場合にも同じ税率、たとえば20%の率が適用されれば、前者に対しては20万円、後者に対しては2000万円の納税義務額が生ずる。アダム・スミスは、比例税が公平の原則を満たす税であると考えたが、現代の多くの先進諸国においては、累進税制度が一般的である。[林 正寿]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

比例税の関連キーワードビルトイン・スタビライザー二元的所得税一般消費税付加価値税限界税率源泉徴収累進課税住民税地価税営業税法人税間接税犠牲説収益税売上税減税

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android