コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比例税 ヒレイゼイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比例税
ひれいぜい
proportional tax

課税標準の水準のいかんにかかわらず同じ税率が適用される税。所得税の例をとると、課税所得が100万円の場合にも1億円の場合にも同じ税率、たとえば20%の率が適用されれば、前者に対しては20万円、後者に対しては2000万円の納税義務額が生ずる。アダム・スミスは、比例税が公平の原則を満たす税であると考えたが、現代の多くの先進諸国においては、累進税制度が一般的である。[林 正寿]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android