税額(読み)ゼイガク

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜい‐がく【税額】

〘名〙 税金として払うべき金額。納税のたか。
※江吏部集(1010‐11頃)上・田家秋音「田園閑逸有年催。地富風煙税額堆」
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「年々税額の簿藉を作て州民の某よりは幾許の税を出さしめ某よりは幾許の高を払はしむるとのことを定るを例とす」 〔宋史‐食貨志・一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

税額の関連情報