院内政党(読み)いんないせいとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

院内政党
いんないせいとう

議会内政党ともいう。議会外の全国党組織とは独立した関係で,議席をもつ議員が結成している党組織のこと。党首を中心にした組織構造をもっている。保守政党の場合には議員政党という色彩が強く,全国党組織との関係で院内政党が指導権をもっていることが多い。逆に,革新政党は組織政党という基本的性格からいっても全国党組織が票,資金,人材の供給源となっているため,全国党組織の影響力のほうが濃厚である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android