院恵(読み)いんけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「院恵」の解説

院恵 いんけい

?-? 鎌倉時代の仏師
院賢の子。文永3年(1266)再建された京都蓮華(れんげ)王院(三十三間堂)に供養された千体千手観音像のうち,21体にその名がしるされている。建治(けんじ)3年(1277)奈良興福寺南円堂の像を修理し,奈良達磨(だるま)寺の聖徳太子像の制作にかかわった。名は「いんえ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android