コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖徳太子像 しょうとくたいしぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖徳太子像
しょうとくたいしぞう

聖徳太子の姿を彫刻,絵画で表わしたもの。聖徳太子没後 100年余の8世紀初めに描かれた御物『聖徳太子二王子像』 (太子を中央にし,左右に二童子形を配した三尊形式のもの) が最古で,祖師崇拝が盛んになった平安時代には彫刻,絵画に多くの像が造られた。最古の彫刻遺品には治暦5 (1069) 年,円快が絵師秦致貞 (はたのちてい) とともに造立した法隆寺絵殿の木像,伝七歳像の『聖徳太子坐像』,次いで保安2 (1121) 年の同寺聖霊院の『聖徳太子および侍者坐像』 (国宝) がある。なお同寺絵殿にあった秦致貞画の旧障子絵『聖徳太子絵伝』 (1069,国宝) は著名。ほかに童子形の『南無仏太子像』,水鏡の御影と称する笏を持った図,『勝鬘 (しょうまん) 経講讃図』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

聖徳太子像の関連キーワード山梨県甲府市小瀬町茨城県水戸市酒門町浄土寺(広島県)三重県津市栄町聖霊会舞楽山岸凉子浄土寺広隆寺常蓮寺一乗寺太子髷仁和寺胎内仏院恵舜慶重命

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖徳太子像の関連情報