陰嚢湿疹(読み)いんのうしっしん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

男性の陰嚢にみられる湿疹で、次の3種が含まれる。陰嚢にかゆみがおこること(陰部(そうよう)症)があり、そのかゆみのためにかくと、陰嚢にまず(1)掻破(そうは)性湿疹を生じ、続いて皮膚が硬くなって皮溝が深まり皮丘が高まって苔癬(たいせん)化がおき、(2)ビダール苔癬を続発する。また、不適当な外用薬を塗布すると(3)接触皮膚炎を続発することがある。[伊崎正勝・伊崎誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android