コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰干(し)/陰乾し カゲボシ

デジタル大辞泉の解説

かげ‐ぼし【陰干(し)/陰乾し】

[名](スル)洗濯物などを、日陰でかわかすこと。「セーターを―する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

陰干(し)/陰乾しの関連キーワード十干十二支(じっかんじゅうにし)鞍馬の木芽漬け・鞍馬の木芽漬ゲンノショウコ(現の証拠)ナルコユリ(鳴子百合)日干し・日干・日乾し一閑張(一貫張)センブリ(千振)バニラエッセンスかき餅(欠餅)風干し・風乾しもぐさ(艾)センニチコウコウスイガヤ恵方(吉方)べったら漬北京ダックがくぶつ汁土用干し夏ミカンポリドラ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android