コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虫干し むしぼし

6件 の用語解説(虫干しの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虫干し
むしぼし

衣類,書籍,調度などを箱から取出し,日光に当て,風を通して湿りけやかび,虫の害を防ぐこと。日本で古くから行われている作業で,6~7月のつゆ明けの天気のよい日に行うが,11月~2月頃の乾燥期にもう一度虫干しをするのがよいとされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

むし‐ぼし【虫干し】

[名](スル)夏の土用や秋の晴天の日などに、書画・衣類・調度品などを陰干しして風を通し、虫の害やかびを防ぐこと。虫払い。土用干し。曝涼(ばくりょう)。 夏》「―や父の結城の我似合ふ/茅舎

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

虫干し【むしぼし】

夏,土用のころ,書籍や衣類,調度などに風を通してカビや虫害を防ぐこと。土用干しとも。中国の曝涼(ばくりょう)にならって,平安時代初期正倉院などで行われるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むしぼし【虫干し】

夏の土用のころ書籍や衣類,調度などを箱から取り出し,これに風を通してカビや虫の害を防ぎ,かつその害のあるときはこれを補修すること。〈虫払い〉ともいうが,古くは〈曝涼(ばくりよう)〉といっていた。中国で古くから行われていたが,日本でも古くから正倉院やその他の寺社で蔵物の曝涼が行われた。現に正倉院の平安時代初期の曝涼帳の記載が今に伝えられている。《延喜式》には,書籍および図絵は6年に1度曝涼し,仏像・経典は7月上旬から8月上旬に行うことを定めてある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

むしぼし【虫干し】

( 名 ) スル
虫やかびのつくのを防ぐために、書画・衣類などを日に干したり風にあてたりすること。土用干し。虫払い。曝涼ばくりよう[季] 夏。 「冬物を-する」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虫干し
むしぼし

衣服、書物、掛軸、諸道具などの湿気を除き、カビや虫害を防ぐために保管場所から取り出して風を通すことをいう。土用干し、夏干しともいい、夏の土用(立秋の前の18日間)に行う。古くは曝涼(ばくりょう)といい、現在でも正倉院の宝物の曝涼、各寺院の蔵物の曝涼などがそれぞれ行われる。衣服につく虫は梅雨期の湿気の多いとき活動し、またカビも生えやすいので、梅雨期を過ぎた夏の土用ころに、風を通して湿気を除去することが虫害やカビを防ぐこととなる。衣服の布地や色を損傷させないで長く保つためにも有用である。方法は、窓を開け放って風がよく入るようにし、風の向きに綱を張ってこれに衣服をかける。午前9時ごろから午後3時ごろまでがよい。衣服はちりを払い、正しく畳んで帖紙(じょうし)や鬱金(うこん)の風呂敷(ふろしき)に包み、防虫剤を入れて保管する。近年、土用干しは熱気を含むからよくないとして、空気の乾燥してくる秋の、晴天が2日以上続いた日のあとを選んで行うようになってきた。[藤本やす]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の虫干しの言及

【七夕】より

…7月7日を特別の祭日とする観念は,おそらく古い農耕儀礼に起源をもつのであろうが,文献資料にのこるものとしては後漢時代の崔寔(さいしよく)《四民月令》が最も古いものの一つである。そこには,この日に書物の虫干しをするほか,河鼓(かこ)(牽牛)と織女の二星が会合するのにあわせて,人々は願いごとをするという(牽牛・織女)。虫干しにされるのは衣服だともされ,衣服に祖霊が依り付くという古くからの信仰と考えあわせ,7月7日が元来,農耕儀礼に結びついた祖霊祭の日であったことが推定される。…

※「虫干し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

虫干しの関連情報