コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰紋 カゲモン

デジタル大辞泉の解説

かげ‐もん【陰紋】

紋章の一。輪郭だけを線で表したもので、染め抜きにしたり縫い取りにしたりした紋。略礼装に用いる。裏紋(うらもん)。→日向紋(ひなたもん)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かげもん【陰紋】

紋の表し方の名。輪郭線だけで表すもの。略礼装に用いる。 → 日向ひなた

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の陰紋の言及

【紋付】より

…五つ紋付は最高の格式をあらわし,三つ,一つとなるに従い略式となる。あらわし方も陽紋(ひなたもん)(表紋)の染めが正式で陰紋(裏紋)や縫紋は略式である。白黒であらわした染紋と銀糸の縫紋は慶弔両用に用いられるが,慶事や装飾的な場合には金,金銀ぼかし,派手な色目を用いる。…

※「陰紋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

陰紋の関連キーワード日向紋

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android